スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手札うっちゃりデッキ。

うっちゃりとは「打ち捨てる」を語源とした……まあ、どうでもいいかwww
続きまして、3発目は黒単色のハンデスデッキでございます。

<エンチャント>

リリアナの愛撫   4
偏頭痛       4
地獄界の夢     4

<アーティファクト>

ボガーダンの金床  4
罠の橋       4

<インスタント・ソーサリー>

頭蓋骨の粉砕    4
脅迫状       4
殺害        4
喉首狙い      4
血の署名      4

<土地>

沼        20

◇ ◇ ◇

このデッキは完成させるまで、かなり試行錯誤を繰り返しましたwww

「リリアナの愛撫」「偏頭痛」をセットしてからハンデスしてゆくわけですが、いまいち
安定したハンデスがしづらくお蔵入りになっていた所、毎ターン確実に手札を捨てさせる
「ボガーダンの金床」なるカードを発見した事で、一気に完成となりました。

各プレイヤーはドローフェイズに追加で1ドローし1枚を捨てる……というこのカード。
自分も手札を捨てる事にはなりますが、これは毎ターン「リリアナの愛撫」「偏頭痛」の
能力を誘発させる事ができるため、発見した時はとても驚きました。

また、カードを追加で引かせる事に着目し「地獄界の夢」を採用。
こちらは「対戦相手がカードを1枚引くたび、1点ダメージを与える」エンチャントで、
「ボガーダンの金床」を置いてあれば、カードを引いた時点で2点ダメージとなります。
さらに「血の署名」を使えば、相手の手札を増やす代わりに4点を与えられます。

最近は1マナのハンデス系を「頭蓋骨の粉砕」「脅迫状」にしてあります。本来ならば、
「強迫」「コジレックの審問」がハンデスの基本ですが「何を捨てさせるか」ではなく
「とにかくカードを捨てさせる」方が大事だと気づいた事が理由です。
スポンサーサイト

殺しきれない人達デッキ。

調子に乗って、今夜二つ目のデッキ紹介。
こちらは黒単色のビートダウンデッキとなっております。

<クリーチャー>

組みなおしの骸骨 4
冥界の裏切り者  4
恐血鬼      4
時代寄生器    4
夜の星、黒瘴   4

<インスタント・ソーサリー>

殺害       4
損ない      4
黒の太陽の頂点  4

<アーティファクト>

ネビニラルの円盤 4

<土地>

沼       24

◇ ◇ ◇

墓地へ送られても条件付きで戻ってくるクリーチャーがコンセプト。
全体除去で場を平らにした後、自分はクリーチャーを墓地から戻して殴ると言うwww

いかんせんウィニーがほとんどのため、フィニッシャーに「夜の星、黒瘴」を積んでおり
墓地へ送られても5点ドレイン、上手く2体出せれば10点ドレインを狙えます。

全体除去に関しては当初「もぎとり」を採用しようと思っていましたが、エンチャントや
アーティファクトの破壊が苦手な黒の弱点をカヴァーするため、「ネビニラルの円盤」を
採用する事にしました。

余裕があれば「黒の太陽の頂点」を「滅び」にしてみたい所ですが……高いからwww

単体除去に関しては、ややコストが重いですが「殺害」「損ない」を採用。
以前は「破滅の刃」や「喉首狙い」を使っていたのですが、そういう時に限って相手が
黒やアーティファクトのクリーチャーだったりして、腐りまくった事があるのでwww

嫌がられる人達デッキ☆

こんばんは、浅倉です。
久しぶりに最近構築したデッキを披露(晒)させていただくザマス!

<クリーチャー>

リバーボア        4
マイアーボア       4
ダングローブの長老    4
棍棒のトロール      4
食百足          4
悪辣な精霊、シルヴォス  4

<インスタント・ソーサリー>

不屈の自然        4
耕作           4
踏み荒らし        4

<エンチャント>

怨恨           4

<土地>

森           20 

◇ ◇ ◇

分かり易い緑単色のビートダウンです。
ポイントは各クリーチャーが「再生」「呪禁」「不死」のいずれかを持つ点です。
除去されづらい/除去するとむしろ面倒なクリーチャーをコンセプトに構築しました。

クリーチャーを出しつつ、再生のコストを払いやすくするため「不屈の自然」「耕作」を
それぞれ4枚積みにし、それらによる土地の伸びを活かすため「ダングローブの長老」も
組み込んでみました。

「リバーボア」「マイアーボア」がそれぞれ「島渡り」「沼渡り」を持つため、青や黒の
デッキには比較的安定してダメージを与えられるかとも思います。

要は相手にウザがらせるデッキ!(笑)

嫌われデッキ。

こんばんは、浅倉です。
今日は仲間内から最も嫌われているデッキを紹介します。

<エンチャント>

謙虚        4
忘却の輪      4

<インスタント・ソーサリー>

稲妻        4
ショック      4
紅蓮地獄      4
地震        4

<アーティファクト>

殴打頭蓋      4
不死の霊薬     4
生の杯       4

<プレインズウォーカー>

チャンドラ・ナラー 2

<土地>

平地        9
山         9
断崖の避難所    4

◇ ◇ ◇

全てのクリーチャーを1/1のバニラに変えてしまう「謙虚」をキーカードに構築した
白赤コントロールデッキで、クリーチャーによる攻撃やコンボを主体とするデッキには
致命的かも知れませんwww

守りが強力な分、赤の火力を多めに積んで攻撃/牽制の面を強化し、謙虚の影響下でも
弱体化する事なく動き回れる殴打頭蓋(値段がクソ高い)や、プレインズウォーカーの
チャンドラ・ナラーを採用しております。

最終的には白1マナで好きなエンチャントまたはアーティファクトをライブラリーから
サーチできる「悟りの教示者」を入れる予定です。

不死の霊薬と殴打頭蓋によって、ある程度のライフを稼げると見込み、ゲーム開始より
10点以上ライフが多ければ相手に5点のライフを失わせられる様になる「生の杯」を
採用しております……悟りの教示者を買っちゃったら、これを外す事になるかなwww

このデッキを集団戦で使うと、何故かみんなに狙い撃ちされる怪現象が起こりますwww
何がみんなをそうさせるんでしょうか、浅倉にはまったく理解できませんwww
ただみんなのクリーチャーが1/1のバニラになるだけなのに……不思議だなあwww
まるで嫌われるために生まれてきた様なデッキだ……お父ちゃん、悲しいよwww



 

毒まみれ☆

こんばんは、浅倉です。
今夜も新しく組んだデッキを紹介します。

<エンチャント>

溜まる毒     4
地の毒      4
プロパガンダ   4
ペンドレルの霧  4
エンチャント複製 4

<インスタント>

ぐるぐる     4
万の眠り     4
理性のゲーム   4

<アーティファクト>

マナの網     4

<土地>

沼       12
島       12

◇ ◇ ◇

えー、これは対戦相手の土地を利用した青黒コントロールです。
MTGを始めて間もなく使わなくなってしまった「溜まる毒」や「汚染された地」などが
勿体ないからこれで何か組んでみよう、という事で作りました。

現在「汚染された地」は、エンチャントした土地を「沼」に変えてしまい「マナの網」に
引っ掛けづらくなる問題で構成から外してありますが。

まず、相手の土地に「溜まる毒」か「地の毒」のいずれかを取り付け、対戦相手が土地を
タップするとダメージが発生する様にして、これらを「ぐるぐる」や「万の眠り」などで
ピンポイントにタップしてゆきます。「ぐるぐる」「万の眠り」などは土地だけでなく、
クリーチャーやアーティファクトもタップできるため、とても重宝します。

更に「プロパガンダ」と「ペンドレルの霧」で相手のクリーチャの維持や攻撃に対して、
マナの支払いを要求し土地をタップさせます。

ここで「溜まる毒」などを取り付けた土地をタップさせるパーツが「マナの網」です。
これは対戦相手がマナを引き出す目的で土地をタップした際、その土地が作り出すマナと
同じ色を生み出す土地を全てタップさせるアーティファクトです。

また「エンチャント複製」は状況に応じて「溜まる毒」などのコピーとして、ダメージを
与える土地を増やしてたり、敵クリーチャーの攻撃がキツい時は「プロパガンダ」などの
コピーとして使い分けられるため、とても相性が良いです。

これにより、対戦相手が土地からマナを引き出し、何らかのアクションを起こすたびに
高い確率でダメージを発生させる仕組みの出来上がりです。
極力、黒2つや青2つと言ったダブルシンボルのカードは避け、コストも最高で4マナの
構成なので比較的、どんどん展開もしていきやすいかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。