スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅場。

よく作家さんが締め切りに追われている状況を「修羅場」と表現します。
及ばずながら、僕もそういった心境にいささか至った気分です。

来月のコミケ80まで一月を切り、完全に仕上がっていないネームと並行し、とりあえず
もう清書して大丈夫そうなページから原稿用紙に描き始めました。

辛い、辛すぎるぜ。
これが漫画を描くという事の苦しさか。
プロとなると編集者や読者からの圧力の他、まともな睡眠時間も許されない場合もあると
聞きます……どんな世界でもプロは過酷か。

しかもよりによって、明日から仕事の都合で5時半起床……こんな時に。
金曜まで7時半起床だった生活が嘘みたい……毎度毎度人使い荒いって。
間に合うのか、俺の原稿。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。