スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEFORE THE BLEEDING SUN / ETERNAL TEARS OF SORROW

51qjJCQq3UL__SL500_AA300_.jpg

01.SWEET LILITH OF MY DREAMS
02.ANOTHER ME
03.RED DAWN RISING
04.UPON THE MOORS
05.SAKURA NO REI
06.SINISTER RAIN
07.LOST RUNE OF THUNDER
08.TAR STILL FLOWS
09.ANGELHEART,RAVENHEART
   (Act1 : Before The Bleeding Sun)

主要メンバーの脱退から5年を経てリリースされた、通産5枚目のアルバム。
2006年作品/日本盤のレビューです。
ジャケットでは何かカラスが鳩を襲っていて猟奇的ですが、何でこんなに美しいのか?

#1は霧がかった朝焼けの海を思わせる静かなイントロから始まって、歪んだギターと
ドラムの連打がまるで爆撃の様に盛り上げていくキラーチューン。

#2は90年代に流行ったファンタジーアニメやRPG作品を思わせる、スリリングで
スピード感のあるナンバーとなっています。

しかし、個人的にはやはり前作までの様なキーボードの音が失われたのは寂しいです。
特に4thの#1や#3の煌びやかで繊細な音には愛らしさすら感じました。
本作も非凡な完成度とは思いますし、だからこそレビューまで書いているわけですが
あのキーボードの音がこのバンドでもう聴けないのは残念です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。