スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス天功。

先日30日の日曜日。
プリンセス天功の「JAPAN TOUR 2011」に家族と行って参りました。

僕も最初はイリュージョンと聞いて、どういったパフォーマンスなのかピンッとは来ず、
ディズニーランドのパレードみたいにネオンがパーッと派手な物なのかと思いましたが、
分かりやすく言うと、派手な演出のマジックと言った物らしいです。

会場は小さなお子様からお年寄りまでの老若男女でほぼ満席。
午後二時を少し過ぎた所で開演し、歌舞伎の連獅子(長い赤毛のかつらを被った人)風の
男の人が三人ほどステージに現れた後、人間が隠れていられる様な厚さも場所もない箱の
中からパッと天功が登場し、客席からさっそく盛大な拍手が上がりました。
衣装が何度か変わるのですが、最初の衣装は「浦島太郎」に出てくる乙姫の着物に派手な
ラメをあしらって黄色くした様な感じでした。

幾つかのパフォーマンスの後、天功から会場へのご挨拶。
思っていたよりも声のトーンがかなり高く、可愛らしくお茶目な物腰の方でした。
現在ラスベガス在住だそうで、スクリーンを使ったホームビデオからで自宅で飼っている
虎を紹介してくれました。

「噛んだりしません、時々襲ってくるだけです♪」

というボケには思わずフキました……結局、危ないんじゃないの!(^^)

その後、箱の中から消えてみせたり、何の仕掛けもない板の後を一瞬通っただけで衣装が
パッと早変わりしたり、何もない空中に座ってみせたり……。
どうやってあんな事をしているのかなど、浅倉の様な凡人にはまるで見当がつきません。
ああしたトリックを考え付く方というのは、まさに天才ではないでしょうか?

「スターファイヤー!」

イリュージョンのたび、のびやかなハイトーンでそう唱えるのが印象的でした。
アメリカなど世界でも活躍しているためか、比較的大人しめな普通の日本人とはまた違う
ダイナミックなテンションに思えました。

常に絶やさない余裕ある笑顔には、プロとしての長いキャリアや自信だけでなく、非常に
知的で冷静沈着な人柄が滲み出ており、まさに一流のエンターテイナーの風格です。

その他、会場へのプレゼントや一座のメンバーによるパフォーマンスの他、一般の観客が
飛び入り参加してのパフォーマンスなどもあり、バラエティに富んだ内容でした。

BGMにマリリン・マンソンの「イレスポンシブル・ヘイト・アンセム」やクイーンの
「ウィー・ウィル・ロック・ユー」の他、ドラマ鬼平犯科帳のエンディングテーマなどが
使われていたのにはちょっと驚きました(^^)

午後四時手前頃に閉演。
最後に一度幕が降り掛けた所で、こういったショーではお約束のアンコール(笑)
もう一回派手なイリュージョンをやるのかな?と思いきや「小●幸子か!?」と思う様な
数メートルもの高さの衣装を着て再び現れ、ステージの上でクルクル回っていました。
そうして、今度こそ幕が降りて照明も付き、ショーは終了。
欲を言えば、もう少し盛大な終わらせ方にして欲しかったなあ、と(笑)

行って良かった!
本当に目を奪われっぱなし、拍手しまくり!
またいつか機会があれば行ってみたいです!

日本に滞在するのはわずか三ヶ月だそうで、それ以外の時期はアメリカやヨーロッパを
飛び回っているんだそうで、大変多忙な様子。
生まれ育った故郷に留まらず世界中を旅するとは、まさにプロ!まさにスター!
身体に気をつけて頑張れ、プリンセス天功!!!(≧▽≦/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。