スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKYDANCER / DARK TRANQIOLLITY (93年/日本盤)

dark_tranquillity011.jpg

01:NIGHTFALL BY THE SHORE OF TIME
02:CRIMSON WINDS
03:A BOLT OF BLAZING GOLD
04:IN TEARS BEREAVED
05:SKYWARDS
06:THROUGH EBONY ARCHWAYS
07:SHADOW DUST
08:MY FAERYLAND FORGOTTEN
09:ALONE
10:OF CHAOS AND ETERNAL NIGHT
11:WITH THE FLAMING SHADES OF FALL
12:AWAY,DELIGHT,AWAY
13:ALONE

久々のCDレビューでございます☆
北欧メロデスの重鎮であり、このジャンルの始祖的存在とされる彼等のデビュー作。
ジャケットもデスメタル系にあるまじき、幻想的で美しいアートワーク。

ヴォーカルは現IN FLAMESのアンダースが担当しており、出だしからちょっと違った
意味で強烈(笑)なシャウトをかましておりますwww

僕はこのバンドは最初が8th「fiction」だったため、あの辺りの攻撃的な楽曲を期待して
聴くと若干肩すかしを食らってしまうかと思います。この頃は攻撃性よりもプログレ寄りな
楽曲の展開で聴かせるタイプだった様です。どちらかと言うと、プログレッシヴ・メタル系の
リスナーから評価される作風かも知れませんが、個人的にはメランコリックな#3や#6が
お気に入り。物作りの方面でもインスピレーションを受ける事もあります。

難点を挙げてしまうと、やはり時代も90年代前半と言う事もあってか音質がいまいち。
ドラムのパコパコという軽い音が何とも……良くも悪くも時代を感じますwww

ないとふぉぉぉぉぉぉるっ!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。