スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANOREXIA NERVOSA / NEW OBSCURANTIS ORDER (01年/輸入盤)

18294

01:MOTHER ANOREXIA
02:CHATIMENT DE LA ROSE
03:BLACK DEATH,NOETHELESS
04:STABAT MATER DOLOROSA
05:LE PORTAIL DE LA VIERGE
06:THE ALTAR OF HOLOCAUSTS
07:HAIL TYRANNY
08:ORDO AB CHAO:THE SCARLET COMMUNION

おフランス出身シンフォニック・ブラックメタル・バンドの3作目ざます。
バンド名は「神経性無食欲症」で、分かりやすくは「拒食症」の事だそうです。
TWITTERでお世話になっている方からオススメ頂きまして、先日購入しました。

とにかくヴォーカルがイカレてます……平常心で歌ってると思えませんwww
他のシンフォニック系バンドが比較的壮大な雰囲気を演出するのに対して、このバンドは
より深くクラシックや宗教を感じさせ、荘厳で病的な雰囲気を演出しています。
曲自体は速いのですが「疾走する」と言うよりは「暴れ狂っている」印象です。
同じシンフォニック系のNIGHTWISHやWITHIN TEMPTATIONなどとはエラい違いwww

わりとメンバーが日本のヴィジュアル系バンドに近いファッションをしており、過去に
Xの「I'LL KILL YOU」をカヴァーした事がある点からも、そういった方面からの影響が
少なからず伺えて、なかなか面白味のあるバンドです(^^)

ところで、サラリとレビューしちゃったけど……このジャケット、ヤバくないっすか?
日本のバンドなら絶対発売禁止になりそうなんですが、これ。
スポンサーサイト

PANTERA / VULGAR DISPLAY OF POWER (92年/日本盤)

pantera_vulgar_display_of_power_1992_retail_cd-front.jpg

01.MOUTH FOR WAR
02.A NEW LEVEL
03.WALK
04.FUCKING HOSTILE
05.THIS LOVE
06.RISE
07.NO GOOD(ATTACK THE RADICAL)
08.LIVE IN A HOLE
09.REGULAR PEOPLE(CONCEIT)
10.BY DEMONS BE DRIVEN
11.HOLLOW

今さらーっ!!?(;゜д゜)

……というツッコミが入りそうですがwww
ある程度メタルを聴きこんだ方ならまず必修科目な、アメリカ出身のこのバンド。
80年代のメタルにはなかった強烈にヘヴィなサウンドを鳴らし、パワーメタルという
新しいジャンルを確立したメジャー2作目のこの作品……邦題・俗悪。

80年代のメタルも確かに音はヘヴィ。
バリバリに歪んでおり過激ではありますが……このバンドの特にギターは、それともまた
違う「重さ」があるのです。
#1のギターリフなどまさに重く極太なサウンドでグイグイ攻めてます。

僕はこの作品が発表された時は小学校低学年で、社会人になってようやく聴いた身ですが
リアルタイムで聴いた世代ではなくとも、彼等が確かに自分達だけの「何か」を世の中に
送り出した偉大なバンドだったのだと理解できました。

残念ながら、ギタリストのダイムバッグ・ダレルはこのバンドが解散した後、新バンドを
結成するも2004年のライブ中、解散を恨んだのではと目されるファンの凶弾によって
この世を去ってしまいました……人柄も兄貴分的な良い人そうで、ザック・ワイルドとも
義兄弟も同然の仲だったそうなのですが……。

ALCEST / SOUVENIRS D'UN AUTRE MONDE (07年/輸入盤)

515E9utKHEL__SL500_AA300_.jpg

01:PRINTEMPS EMERAUDE
02:SOUVENIRS D’UN AUTRE MONDE
03:LES IRIS
04:CIEL ERRANT
05:SUR L’AUTRE RIVE JE T’ATTENDRAI
06:TIR NAN OG

邦題:別世界への追慕。
フランス出身のシューゲイザー系ソロプロジェクトの第1作。
「シューゲイザー」と言うと、あまり聞き慣れないジャンル名に思う方もいらっしゃると
思いますが、ポップなメロディと激しいギターサウンドの対比が特徴な、イギリス発祥の
音楽だそうです。

メンバーが元々ブラックメタル系という事で、ギターもそういった系統のチリチリとした
ディストーションがかけられた過激なサウンドですが、それ以外の面にブラックメタルの
要素は全くなく、ヴォーカルは甘いウィスパーヴォイス・キーボードの爽やかで優しげな
サウンドなど、メロデス/メロブラとはまた違った美醜の対比を作り出しています。

どちらかと言うと、これはメタラーよりもポップスやヒーリング系を好んで聴かれる方や
アニメ・ゲームのサントラを聴かれる方にオススメしたいです。

僕が購入したのは「日本盤」ではなく「直輸入盤・帯・ライナー付き」と言う仕様でして
「どゆこと?」と言う感じで注文しましたが、これはCD自体は国外で作られた輸入盤で
そこにディスクユニオンという日本の企業が独自に帯とライナーをつけた物の様です。
残念ながら歌詞の和訳はなさそうです(泣)

論より証拠!
YOUTUBEから聴いてみましょう(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。