FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンパブ。

先日19日、仕事から帰宅し身支度をした浅倉明ことパー助は、職場のHさんに誘われ、
T市のフィリピンパブへ行って参りました。
こういう肝心な時に限って何故か前の晩に眠れなかったパー助。
不眠のまま仕事へ行き、煙草とコーヒーで何とか生き延び、電車でT市へ向かいました。

ね、眠い……そして、寒い。

そして、ここでアクシデント……Hさんと連絡が取れません。
僕が電車に乗る前に、Hさんにこれから向かうと連絡を入れる事になっていたのですが、
肝心の電話が繋がらないのであります……だが、行くしかないのであった。

待ち合わせのT駅に着くも、やはり電話は通じず。
とりあえずお店へ行ってみる事にしました。

教えられた場所は駅から歩いて左に5分ほどで、パチンコ店の2階。
Hさんが既に店の中で待っているかもと思い、意を決して単身入店。
入るや、BGMらしき洋楽のポップスが聞こえてきました。

ボーイ「いらっしゃいませ」

ボーイのおじさんに出迎えられるや、すぐ左手のソファーには6~7人ほどの女の子が。

女の子達「いらっしゃいませ~♪」

一斉に立ち上がった女の子達に挨拶をされ、ちょっと「うおっ」と気圧されるパー助。
店内は30人ほどが入店できそうな広さで、インテリアの他に色紙を丁寧に切り抜いた
飾り付けなどがされ、とてもオシャレです。
どうやらHさんはまだ来ていなかった様で、中で待つ事にしました。

ボーイ「何かお飲み物は?」
パー助「あ……じゃ、コーラ下さい」

飲み食いに行くと、とにかくまずはコーラなパー助。
値段を聞くと500ミリのコカコーラが500円……そして、傍らのメニューを見るや、

「1000円 枝豆 ポッキー (他)」

「1500円 鳥の唐揚げ (他)」


完全にボッタくってます。

そういう所だとは聞いていましたが、いざ目の当たりにすると「すげえ……」の一言。
1時間2800円という事で、既にそういった料金が発生しているのか訊ねてみると
女の子を指名した時点で課金されるとの事でホッとした浅倉。
Hさんが未だ来ないまま、他のお客さんが続々と来店。
イケイケな二十歳ほどのお兄さんや、警備員っぽい服装のおじさんなど客層は幅広い。

しかし、いつまで経っても電話も通じず、Hさんは来ない……少しし、パー助は一旦店を
出て、電波の良さそうな場所で電話を掛け、ようやくHさんと電話が繋がりました。

Hさん「……もしもし」
パー助「あ!浅倉ですけど、今どこですか?」
Hさん「家にいるよ?」
パー助「えっ!?もうお店に来ちゃいました。電話が通じないから先に中に入ってないか
    見に行ったんですが……」
Hさん「えっ!?分かった!すぐ行くよ!」


むむむ……どうやら電波の関係で、今まで掛けた分が全く着信に入っていなかった様で,
Hは僕からの着信があるまで、自宅でずっと待機していたそうです。
待つしかない……寒空の中、Hさんを外で待つ浅倉。
何やら怖そうなお兄さんが辺りにちらほら見え出したので、隣の駐輪所に避難し遠巻きに
大声で騒ぐそのお兄さん達を見ていた浅倉。

さすが盛り場……ちょっと危険な臭いが。

揉めたら怖そーだなー、と思いながら30分ほどしてHさんが到着。
ようやく二人揃って入店しました……しましたが……

女の子が来ない。

この時、店の女の子は全て他のお客の席に行ってしまっており、浅倉はHさんとそれぞれ
ビールに焼酎で一杯始めました。Hさんがマクドナルドの差し入れを持ってきて下さり、
お店も持ち込みオッケーらしく、心置きなく頂きました(^^)
他のお客さんがカラオケでEXILEなどを熱唱するのを聴きながら、時折に煙草も吸いつつ
二人お酒とマックで一杯やりました(^^)

時間の関係で1時間しかいられませんでしたが、1時間でも十分にお酒も飲め、楽しく
Hさんと過ごす事ができました……しかし、Hさん……

これじゃ、普通の飲み屋と変わんないっす。

女の子も交えてお酒を飲むのが醍醐味のフィリピンパブなのに、女の子が来ない中で
野郎二人で世間話に花を咲かせて飲むなんて、普通の飲み屋じゃないっすかwww

ところが。

電車の時間も迫り、そろそろ浅倉はお暇する所で女の子が一人やって来ました。
黒髪に小柄で目のパッチリした女の子でした。

女の子「コンバンワ」
パー助「あ、こんばんは」


女の子達は普通に日本語が喋れる様で、来日してからたった数ヶ月で仕事を通して
日本語をマスターしてしまうんだそうです……逆に日本人がフィリピンに行ったら
ここまで向こうの言葉を話せるでしょうか……すごいですね。

女の子「ナマエハ?」
パー助「あ、パー助♪頭がパーだからパー助♪」


酔った事もあり、本当にそう名乗った浅倉ことパー助。
ちゃんと意味も通じたらしく、それを聞いて大笑いする女の子。
調子にのってフィリピン語で「こんばんは」と言うと、

女の子「フィリピン人!?」
パー助「ノーノー、アイ・アム・ピュア・ジャパニーズ☆」


日本語が通じるのに何故かわざわざ英語で返すパー助……。
相当酒が回ってる様です……500ミリのビールに水割りの焼酎一杯ですがwww

浅倉、実はフィリピンパブは初めてで、仕事関係の人に好きな方もわりと多い事で前から
お誘いも受けていたので、今回やっと機会がやって参りました。女の子を隣に座らせて
お酒を飲む……と言うと、ストイックな方や女性陣から白い目が向けられそうですが、
特にそういかがわしい物でもない気がします。

Hさん「浅倉ちゃん、ケツ触っちゃえよ♪」
パー助「あ、いや、それはヤバイっす……」


慣れてくるとそういうスキンシップも多少あるらしいですが……とてもパー助にはそんな
暴挙に出る度胸はございませんwww
Hさんは常習犯らしく、女の子に足を引っ叩かれてましたがwww

そして時間になり、終電も近い電車に乗ってパー助は地元へ帰りました。
Hさんは急遽明日も仕事になったそうですが、余裕でその後も飲んでいたそうですwww
寝不足と酔いと電車内の暖房によってパー助は意識を失い、気がつくと地元の駅。
降りる駅だと気付かなかったら、そのままどこまで行っていた事か……恐ろしい。

帰宅したのは午後11時過ぎ。
部屋に戻り、コタツであっという間に眠りについたパー助。
気がつくと翌日今日の午前4時前。
二度寝するにも目が冴えてしまったので、この記事を書いています(^^)

次回はゴールデンウィーク前の4月末を予定。
今度は女の子指名しちゃおっと、ゲヘヘ☆……馬鹿ですねwww
スポンサーサイト
Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。