FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガサ・クリスティ / そして誰もいなくなった

img_1496751_55643499_0.jpg

ミステリー小説の名作として大変有名な作品。
名探偵コナンの青山先生もこの作品にかなり影響を受けたのでは……と伺えます(^^)

U・N・オーエンと名乗る人物からの招待状を受け取った10人の男女。
判事・秘書・軍人・宗教家・医師……など、全く異なった経歴を持つ彼等が招かれた
インディアン島の屋敷において、過去にそれぞれが犯したとされる「殺人」を謎の声に
告発され、その直後から一人また一人とインディアンの歌になぞられ殺されてゆく……。

巻末において赤川次郎先生もおっしゃっている様に、殺人事件を描いた物語でありながら
過剰な残酷描写がなく、読み終えた後も全く後味の悪さがありませんでした。作者である
クリスティの知的さや上品さが伺える作風ではと思います。

ただ、読者として難点を挙げてしまうと、原文の段階か和訳の段階か所々不自然な文章が
出てきたり、場面が切り替わる際の区切りが不十分であったり、同一人物なのに呼び名が
いきなり変わったりするなど、一瞬困惑してしまう点があります。

とは言え、物語が破綻する様な致命的な問題はなく、その点さえ気にしなければ、とても
楽しめる作品だと思います。

ふと思ったのですが、某ゲームのBGMのタイトルに出てくる「U・N・オーエン」とは
まずこの小説が元ネタになっていると見て、間違いないでしょう(笑)
スポンサーサイト
Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。