FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子武丸 / 殺戮にいたる病

19837097.jpg

去年の年末が近づいた頃に読んだミステリー小説。
これまでに読んだグロい小説の中で、堂々のワースト1位に輝いた作品であります。
あまりの猟奇性と、それを引き立てる異常なほどリアルで細かい描写に「げえっ……」と
なりながらも何とか読み終えましたが、今でも時折思い出して身体がゾクゾクします。

◇ ◇ ◇

連続殺人犯・蒲生稔。
歪んだ形でしか女性を愛せぬ彼は、永遠の愛を手にすべく恐ろしき凶行を繰り返す。
そんな彼が逮捕と言う結末を迎えたその場所は、たった今自らが行った殺人の現場。

彼の手に掛かった誰か死体。
その惨劇に号泣する<雅子>と言う女。
そして、彼女と共に駆けつけた警察OBである<樋口>と言う男。

「……本当に、お前が殺したのか?」
彼等の前で警察に連行されてゆく蒲生に向かって、樋口はそう訊ねた。

◇ ◇ ◇

裏表紙のあらすじを読むと、一見単なるサスペンス/ホラーかと思いますが、実は本作は
非常によく出来たミステリー小説です……殺人鬼である主人公が逮捕されるまでの経緯を
辿るストーリーで、知らずに読むと「淡々と犯罪者の動向が書かれてるだけじゃん?」と
放り出してしまうでしょうが、そこは「待った!」です。

この物語はクライマックスにこそ、大きな意味があるのです。
この物語は犯人が逮捕される<直前>をプロローグとして始まりますが、果たして逮捕の
<直前>に殺されたのは一体誰か……それを念頭に読むと良いでしょう。

グロには絶対の耐性がある!と言うミステリーファンの方なら、是非読んでみましょう。
ただし、内容的に未成年の方や、特に女性の方には決してお勧めできません……本当に。
全て皆様の自己責任で……僕はもうしばらく読みたくありませんがwww

スポンサーサイト
Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。