スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒川光太郎 / 夜市

0907.jpg

まだまだレビューしていきましょう。
2005年「第12回日本ホラー小説大賞」を受賞した作品。
幻想的だけどどこか怖い……本書にはそんなホラーの世界が描かれており、受賞作である
「夜市」に短編「風の古道」を加えた二本立てとなっています。

◇ ◇ ◇

十年前のある日……妖怪や悪魔が入り乱れる<夜市>に迷い込んだ裕司は、野球の才能を
手に入れる対価に連れ添った自分の弟を差し出した。

大学生になった裕司は友人のいずみを連れ、十年ぶりに<夜市>へと赴いた。

怪物達と彼等が売る異様な品々に目を白黒させるいずみを連れて、裕司はついに十年前に
弟を差し出した出店の前へとやって来た。

彼は弟と引き換えに何を差し出すのだろうか。
果たして、弟を無事取り戻す事ができるのか。

◇ ◇ ◇

読み終えてみて……作者の紹介欄にもある様に、どこか懐かしさを感じる作品でした。
誰もが読んだ事のある、学生時代の国語の教科書に出てくる物語などに近い印象です。
設定や背景などに関する過剰な描写をしない事で、読みやすさと幻想的な雰囲気が見事に
演出されていると思いました。

あらすじから、最初はやや児童書寄りな(失礼!)感じの話かな?と言う印象でした。
しかし、読み進めるにつれ、次第にそんな第一印象が覆りました。文面の読みやすさは
そのままに、ストーリーもしっかりと裏があり、時折ホラー小説らしいゾッとする様な
残酷さ/無慈悲さ/人間の悪意も描かれています。どちらかと言うと、ジャンル的には
ホラーよりダークファンタジー(似た様な物か?)に近いかなとも思います。

もっぱら、ライトノベルがメインの方にもこれはお勧めできます。
僕は本書で作者のファンになり「秋の牢獄」「雷の季節の終わりに」も買いましたwww

誰とは言えませんが、本書に出てくるある人物の生き様に浅倉はいたく感動しました!
スポンサーサイト
Comment

スマホか携帯さえあれば!

q1r0y6Al
スマホか携帯さえあれば、どんなキモオタでもヤれる!
だって、俺がヤれたんだもん!
http://5Q5k09nB.ipon.me.uk/5Q5k09nB/
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。